株式会社M&Tコーポレーション > 株式会社M&Tコーポレーション のスタッフブログ記事一覧 > ペットを飼育していた不動産を売却するときのポイントと注意点とは

ペットを飼育していた不動産を売却するときのポイントと注意点とは

≪ 前へ|淀川区でカレーをテイクアウト!「ラサハラ」と「モジャカレー」を食べ比べ   記事一覧
カテゴリ:不動産コラム

マイホームを売却するとき、誰もがよい条件で取引したいと願うのが自然ですよね。

 

しかし、ペットを飼育していた不動産を売却するときは、不利な取引を避けるためにいくつか注意すべきポイントがあります。

 

今回は、ペットと暮らしていた不動産を売却するときに、注意すべきポイントをご紹介していきますので、ご自宅の売却を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

 

ペットを飼っていた不動産を売却するときのポイントとは

 

ペットを飼育していた不動産を売却するときのポイントと注意点とは


 

こちらでは、ペットを飼っていた不動産を売却するときのポイントをご紹介します。

 

<ペットがつけたキズを補修しましょう>

 

ペットが壁や柱につけたキズは、ペットがいない物件との差が生じやすいため、売却価格が下がる原因となります。

 

よい条件で取引できるよう、可能な限りきれいに補修しましょう。

 

ホームセンターに行けば補修用の道具が手に入りますので、浅いキズであれば自分で補修できるはずですよ。

 

キズがひどい場合は、専門の業者に依頼して補修する必要があります。

 

ただ、物件が古い場合などは購入検討者もリフォームありきで物件を探しているため、補修せずに価格を抑えて売り出したほうがいいケースもあります。

 

ですから、大掛かりな補修をする場合は、売却を依頼する不動産会社に相談してから補修範囲を決めたほうがよいでしょう。

 

<内覧で印象アップして成約につなげよう>

 

中古物件を売却する場合、成約につなげるには内覧の印象がとても重要なポイントとなります。

 

内覧時に悪い印象を与えないためにも、できればペットは外に連れ出して換気をしておきましょう。

 

また購入検討者は、物件を清潔に使用していたかどうかも見ています。

 

不衛生に見えないよう、ペットの毛がソファについていないかなど入念にチェックしておきましょう。

 

ペットを飼っていた不動産を売却するときの注意点とは

 

こちらでは、ペットを飼っていた不動産を売却するときの注意点をご紹介します。

 

<ペットを飼育していた旨を明示しましょう>

 

動物アレルギーの人が、そうとは知らずペットを飼育していた不動産を購入し、アレルギー症状が悪化した場合、売主の責任を問われる可能性があります。

 

このようなトラブルを避けるためにも、ペットを飼育していた不動産を売却するときは、飼育していた旨をしっかりと明示しましょう。

 

そのうえで、ハウスクリーニングなどの対策をアピールすれば、購入検討者の印象もよくなるはずですよ。

 

<ペットの臭い対策をしましょう>

 

一緒に暮らしていると気付きにくいものですが、ペットと暮らしていると動物特有の臭いはするものです。

 

内覧の際、臭いによって印象が悪くなれば、値下げ交渉の要因となる可能性があります。

 

ですから、消臭剤を置いても臭いが残る場合は、壁紙を消臭効果のあるものに張り替えるなど、しっかりと対策をしたほうがよいでしょう。

 

まとめ

 

今回は、ペットと暮らした不動産を売却する際のポイントや注意点などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

よい取引ができるよう、できることからしっかりと対策をしてくださいね!

 

私たち株式会社M&Tコーポレーションでは、ファミリー向けの一戸建て住宅を豊富に取り揃えております。

 

不動産売却や住み替えなども、当社までお気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|淀川区でカレーをテイクアウト!「ラサハラ」と「モジャカレー」を食べ比べ   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る