株式会社M&Tコーポレーション > 株式会社M&Tコーポレーション のスタッフブログ記事一覧 > 土地を分筆して売却するときに知っておきたい注意点

土地を分筆して売却するときに知っておきたい注意点

≪ 前へ|マイホーム購入までの貯金額は平均どれくらい?貯金した方法は?   記事一覧   淀川区でカレーをテイクアウト!「ラサハラ」と「モジャカレー」を食べ比べ|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

所有している土地を売却したくなったときに、その土地が広すぎて売れないかもと心配することがあるかもしれません。

 

そのようなときには、土地を「分筆」することで解決が可能です。

 

この記事では、土地を「分筆」するとはどういったことなのか、また分筆して土地を売却するときの注意点をご紹介します。

 

土地を分筆して売却するときに知っておきたい注意点



土地を売却するときに行う「分筆」とは?


 

土地の「分筆」とは、土地を分けて登記を行うことです。

 

土地にはそもそも「地番」が割り振られていて、単位は「筆(ふで・ひつ)」で数えます。

 

1つの広い土地に見えていても、実は何筆かに分かれていて、それぞれに地番が振られていることも実はめずらしくありません。

 

それでは実際に土地を分筆する必要があるのは、どのようなケースが考えられるのでしょうか。

 

たとえば2人の兄弟が親から土地を相続するときなどに、それぞれの名義で相続登記するために分筆するケースが考えられます。

 

あるいは相続した土地や、所有している土地の一部だけを売却したい場合もあるでしょう。

 

そのような場合には、土地を測量して境界をはっきりさせたうえで、分筆してから売却する必要があります。

 

土地を分筆して売却する場合の注意点


 

土地を分筆して売却するときには、いくつか注意点があるのでご紹介しましょう。

 

まず、建築基準法では、「道路幅員が4m以上の道路に、間口2m以上接していること」を建物を建てる条件としていて、これを「接道義務」といいます。

 

もし現時点で分筆した土地に家などを建てる予定をしていなかったとしても、将来その土地に家を建てたくなったり、あるいは売却したくなったりすることがあるかもしれません。

 

そうなったときに、分筆した土地が接道義務を満たしていなければ、家も建てられず、また価値のない土地として売却も難しくなるため十分注意が必要です。

 

また土地を測量するときには土地家屋調査士に依頼しますが、対象の土地と接している土地の持ち主とはあらかじめよく話あっておくことが大切です。

 

土地を分筆するときには、隣接する土地の所有者に立ち合ってもらったうえで境界を定める必要がありますが、ここでもめた場合分筆が難しくなります。

 

土地の分筆は自分の土地だけの問題ではなく、隣接する土地の所有者の資産にも関わる大切な問題だということには十分留意しておく必要があるでしょう

 

まとめ


 

所有している土地の一部を売却するときには、その土地を分筆する必要があります。

 

分筆は分け方によってその土地の価値が大きく変わるため、分筆を検討するときには信頼できる不動産会社に相談するようにしてください。


株式会社M&Tコーポレーションでは、土地情報を取り扱っております。

 

物件探しでお困りなら、当社までぜひお問い合わせください。

≪ 前へ|マイホーム購入までの貯金額は平均どれくらい?貯金した方法は?   記事一覧   淀川区でカレーをテイクアウト!「ラサハラ」と「モジャカレー」を食べ比べ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る